こんばんは^^
永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド
専門カウンセラーの崎浜晋吾です。

日に日に気温も温かくなり、春の陽気ですね^^
今週は。コミュニケーションの講師として、
そして援助職の方のスーパーバイズとして、
群馬県のリハビリ施設に出張でした。

コミュニケーションでのコツは、アダルトチルドレンの
生きづらさにも通じる心理的な背景がありますが、
毎回レベルアップしていく皆様を見てとても
やりがいを感じます^^

そういえば、先日、10のメソッドを
終えられたクライアント様に、
「なにか最近困られていることありませんか?」
とお聞きしたら、
「前に結構悩んでいたことも環境的には変わっていないんですが、
最近はなんかどうでもよくなっちゃいましたー(笑)」

とおっしゃっていました^^

これ、結構大事で、アダルトチルドレンだと、
過剰に反応したり、フタをしたり、攻撃してしまったりして
自分にとって嫌な状態に反応しますが、
本当に克服すると、いい意味で「どうでもよくなる」という
フラットな「対応」に変わります。

これは本当に精神的に「自由」になれている証拠。

そんな変化を教えてくださったのでうれしいですね^^

さて、メルマガを読んでくださっている方から
「いつも癒されています!」
「楽しみにしています!」という
励ましのメールをいただきます。
ありがとうございます^^

そして、ご相談もちらほらいただきます。
個別ではお返事でお答えできませんが、
一部メルマガでもお答えさせていただきますね。

===ご相談=================

私は褒められたり、

「あんまり頑張りすぎないでね」と言われると、

どう反応していいかわからなくなってしまいます。

なんというか、居心地が悪いです。

=====================

こんなお悩みをいただきました。

確かにアダルトチルドレンだとほめられると
全力で(笑)否定したりしてなかなか
受けとれませんね。

これは、アダルトチルドレンの心理的に自分に
「禁止」している要素がすごく出ている状態です。

この場合は、自分は「重要であるな」という禁止です。
居心地が悪いのは、自分自身で、重要であることを
禁止しているので、相手から褒められても
自分が否定してしまう、禁止してしまっている心の動きが
「居心地の悪さ」として感じるのです。

まぁ自分で価値が無いと思っているので、
もはや他人がどういおうと納得できないものです。

逆に、価値が無いと自分で思っているからこそ、
プライドが過剰になってしまったり、
自分に価値があると(不安ゆえ)アピールしたくなってしまう
傾向もあります。

そして、価値がない、重要でないと思っているので、
人の評価がどうなのか、とっても気になります。

原因は、子供のころ親に重要である、価値がある、
というメッセージをもらえてなかったり、
「無条件」での承認が不足していたからかもしれません。

「あなたはいてくれるだけでいい、価値がある」
という言語、非言語両方のメッセージって
日本じゃなかなか子育ての中でないかもしれませんね。

なので、親としては「無条件の愛」があったのですが、
それが子供に伝わっていない可能性もあります。

こんな原因から、自分の「存在」になかなか
自信がもてない、重要であると思えない
アダルトチルドレンの「生きづらさ」があり、
誉め言葉を受け取れないことがあるでしょう。

ここは、自分の過去の「無条件で価値がある」
と思えなかった傷を癒して、自分も人も
「無条件」で認められるよう生き方を
変える必要があります。

そして、もう一方の、
「頑張り過ぎないでね」といわれると困る
というのは、また別の「生きづらさ」が
隠れています。

それは、また深く複雑な
「アダルトチルドレンの心理」が
隠れていて、長くなるので、
次回、
「頑張り過ぎないでね」と
言われると困る

(崎浜は、むしろ何言ってんの?とイラっとするくらい
アダルトチルドレンでした笑)

をテーマにメルマガをお届けしますね^^
お楽しみにー(^^ゞ