【不健康な健康オタク】

こんばんは(^^)/

永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド
専門カウンセラーの崎浜晋吾です。

いきなりですが、最近、炭水化物を減らしています。
以前は、炭水化物(いわゆる白物の白米や小麦、砂糖など)を
なるべく取らないようにしていたのですが・・

つ、つらい(笑)
しかも僕の体質だと炭水化物を抜くと
睡眠浅くなるようで、
すべて食べない!から、一日一食くらいは
炭水化物もOK、という風にして
調子がとってもよいです。

特に小麦のグルテンは
うつ病との関連も指摘されていますので、
(それも個人差がありますが)
控えめにすると調子が良くなる人は
小麦が体質に合わないのかもしれませんよ^^

さて、話がAC克服メルマガじゃなくなっちゃいましたが^^;

本題はこちらです↓

【不健康な健康オタク】

これは、ずばり(もちろん?)
昔の崎浜です^^;

すべてのアダルトチルドレンの方ではありませんが、
健康情報に敏感な方も結構多いですよね。

極端な例ですが、
僕自身も昔、みごとに情報に踊らされ(笑)
いろんなサプリメントを買いまくり、
毎日飲んでいました。
(当時まだ20代なのに!)

効果は、効いているんだかよくわからない^^;
まぁ薬じゃないんだから、そんな劇的に
変わったら、ヤバいですよね。

でも、飲まないと「不安」・・
と思って続けていました。
(完全に依存ですね笑)
まぁ見事に「不健康な健康オタク」
なっておりました。
【自分に合う、合わないがわからない?】

サプリメントも巷の健康情報も
賛否両論あったり、個人差や体質が
あったり、必ずしも自分にとって
パーフェクトな情報ではないこともあり、
「自分に合った」情報を選択する必要が
あるのですが・・

アダルトチルドレンにはなかなか
「自分に合う、合わない」が
わからないかもしれません。

自分の状態や、気持ちを
把握するのが苦手なので、

「あ、これは自分は嫌だと思ってる」
「他の人には効果があるかもしれないけど、
 自分には逆効果だな」
「不安を何かで埋めようとしてる」

など、

自分の「感情」を「思考」で分析し、
自分にフィードバックすることが
上手に出来ていない(あるいは
自分が信じられない)場合があります。

【フィードバックの仕方も要注意!】

フィードバックも大事で、
「自分に合わない」と思っても、
なぜ自分に合わないのか、を確認する
必要があるかもしれませんね。

もしかしたら、「自分に合わない」ということで
問題を避けている可能性もあります。

例えば、
具合が悪くて「病院行きなよ」と
言われて「先生と合わない」という場合、
本当は「病気に向き合うことが怖い」
という「本心」があるかもしれません。

(もちろん先生と本当に合わない場合は
違う病院に行けばいいんですけどね笑)
【自己肯定はこんなところにも】

自分の感情を感じて分析することや
フィードバックが難しいのも
自己信頼や自己肯定の
欠如から来ていて、

自分の感覚を信じる、自分の軸が
ないので、「情報」を鵜呑みに
してしまうパターンになります。

(僕も全然自分が一番信じられなかったので、
情報が絶対正しいでしょ、と思ってました)

まぁ、もちろん
「自分を信じる」にもバランスが
必要で、外部からの情報を
完全にシャットアウトすると
自分を過信して、問題が起きますが^^;

ですので、
情報の精度もさながら、自分の感覚を
照らし合わせて、自分に合う、合わないを
キチンと選択したり取り入れたりするために、

自己肯定や自己信頼は
こんなところにも必要になるんですね。
自己肯定は『自分とのコミュニケーション』
でもあります。
自分がどう感じ、何を必要としているのか。
それがわかってくると、
依存的な方法ではなく、
根本的な解決ができ、
自信につながりますよ(^^ゞ

それではまた(^^♪