【自己は境界によって形作られる】

こんにちは^^

永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜です。
最近境界線の話をクライアントさんとする機会が多いのですが、

さっそくこちらでもシェアしたいと思います^^

境界線は自己肯定感に大きく関わっています。
なぜなら・・自己は境界によって形作られるからです。

わかりやすく説明すると、

自己が中身だとすると、境界は器です。
器(境界)がなければ、いくら中身(自己)を満たそうとしても

溜められません。
【器がなければ・・・】

簡単な事例として、いくら「自分に価値がある!」と

自己を満たしても、境界線がなく、相手と自分の問題が

見分けられず、「やっぱり私が悪いのかも・・」と

なってしまえば、せっかく満たした自己が

消え去ってしまうわけです。
なので、「癒し」だけでは(癒しの定義にもよりますが)

一瞬自己が満たせても、境界がない状態では、自己の継続的な

成長が望めないかもしれません。
誤解がないようにお伝えしておくと、

「癒し」も必要です。

僕のアダルトチルドレン克服10のメソッドでは、

必ずトラウマのケアも行っていきます。

それは、自分の「安全・安心感」が無ければ、

「境界線」どころではないからです^^;

なので、アダルトチルドレンの克服には

自己を回復していき、同時に

境界線の概念も身に付けていく必要が

あります。

自己(中身)と境界(器)の関係、

是非心に留めておいてくださいね^^

しかし、境界線の概念も幅が広く多様です。

また、こちらのメルマガでお伝えしていきますね(^^♪