~人の影響を受ける 巻き込まれる~


【相談】

人に影響を受けやすくて困っています。

良い影響ならよいんですが、悩みなどは

相手の話を聞いているうちに、だんだん

自分の気持ちもふさぎこんでしまいます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんにちは^^

カウンセラーの崎浜です。


アダルトチルドレンは相手の問題に

巻き込まれやすい特徴があります。

それはなぜでしょうか?


○自分の問題と相手の問題が分けられない

健康的なメンタルの状態は、

きちんと相手の問題と自分の問題を

分けられます。


例えば、相手の悩みを聞いて

共感はしても、相手と自分の「個」を

分けることができ、巻き込まれません。


アダルトチルドレンの場合、

まじめというより、相手が解決すべき問題も

自分がなんとかしなきゃいけない!と感じているかも

しれません。あるいは、本気で自分も苦しまないと

共感してないと思われちゃう!と感じているのかもしれません。


○巻き込まれて相手を恨んでしまう

アダルトチルドレンは、相手との境界線が

あいまいです。例えば、相手が困っていたら

自分も苦しまなければならない、

と無意識に思っているかもしれません。


なぜなら自分も苦しまなければ本当の

共感ではないと感じるからです。しかし相手は

聞いて欲しいだけかもしれません。

あなたが聞いてあげて、相手は元気になって

あなたは具合の悪いまま・・なんて

笑いごとではなくなってしまいますね^^;



○「共感」と「巻き込まれ」を区別しよう


共感は必要ですが、共感「だけ」でよいのです。

誰にとっても自分の問題、感情、人生の責任は

自分にしか負えません。


あなたが共感しすぎて「巻き込まれて」も

相手の責任ではなくあなたの責任になります。


仮にあなたが相手の問題を解決してしまったら、

相手の権利(解決する力、機会、成長)を

奪うことになります。

(親子でも同じですね^^)


○共感を力に変える

逆に言えば私たちは誰しも、

「共感」と「手助け」しかできません。

しっかり共感してあげて、責任を肩代わりするのではなく

相手に「必要な手助け」はなにかを見極めましょう。


あなたはやさしいので、相手が悩んでいたら

自分も幸せになってはいけないとブレーキを

かけていませんか?

共感して、一緒に苦しむより、自分に出来るサポートの

仕方を考えると「共感」を自分の成長に活かすことができますよ^^



それでも、共感し過ぎて、自分の状態が保てないという

時があります。それは共感というより相手と「同化」して

いるのかもしれません。しかもそれは、

意識的に起きているのではなく、

無意識的に起きています。

気が付いたらなんだか苦しい。。と

なっていたら、無意識化で同化していたり、

責任を自分が背負ったりしている可能性があるでしょう。


アダルトチルドレン克服プログラムでは

意識では変えられない「相手と自動的に同化」してしまう

問題も解決できます。

お困りでしたら是非ご相談ください^^