●SNS依存が苦しい●


【相談】

アダルトチルドレンの特徴に結構当てはまっていて、

最近、フェイスブックでの投稿でいいね!がもらえないと

恐怖を感じて、ついしつこく投稿したり、反応を伺ったり

自分でもいやだなーと思いながらもやめられません。

これもアダルトチルドレンの症状なのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんにちは!

カウンセラーの崎浜です^^


最近こういったSNS関連の悩みも増えていますね。

人との繋がり方は急速に変化、発達したとしても

人間自体はそれほど速くは変化しません。

ですので、人間の仕組みを知って、

現代のテクノロジーをうまく使っていく、

付き合っていくことが大切ですね^^


○インターネット依存

  アダルトチルドレンの特徴の

  「顔色を伺う」「人の承認を常に求める」「求められる役割を演じる」

  などが、SNSなどをしていると特に現れます。

  依存まではいかなくとも、

  日常生活の中で、かなりのウエイトを占めていたり、

  気になって頭から離れない、いつも片隅にあるなど、

  もはや、便利ではなく足枷になっていたら要注意です。


○インターネットで求めている欲求

  もし、インターネット上であなたが

  コメントや反応を過剰に求めていると感じたら、

  それは承認欲求からくるものです。



  簡単に言えば、精神の欲求は人間に本来備わっている「欲」、

  食欲や性欲などと同じように生物的に必要なものを求める力です。

  つまり人間には「他者の存在」「集団」が必要ということです。



○インターネットでも、現実でも「心」が必要

  いくら「他者の存在」が必要といっても、

  アダルトチルドレンの多くは心を開くことが苦手です。



  心を開けない状態で集団の中にいても

  「居場所がない」「孤独を感じる」となります。

  その埋められない欲求が、インターネット上での

  承認欲求へとつながる場合もあります。


○アダルトチルドレンの依存の結果

 「ここではないどこか」「この人ではない誰か」を

  常に求めているアダルトチルドレンの欲求にうってつけの

  システムがインターネットの場合もあるでしょう。

  チャンスはオンライン上で無限に広がっているような

  錯覚に陥ります。しかし多大な労力、時間を使った割に

  何も残らなったという空虚感に苛みます。



○「心」を使うことが近道

  人と向き合うことには、大変なエネルギーを使います。

  特にアダルトチルドレンは人に弱みを見せられない、

  顔色を伺う、恐れている、などさらに難しい特徴があります。

  そう考えると、たとえ架空の、偽りの承認であっても

  求めずにはいられないのかもしれません。



  しかし、どんなにインターネット上の「ありのままでない」自分で

  承認を求めても、ありのままの自分は満たされていないので、

  量ばかり求めてしまい、満たされない気持ちはそのままです。

  何百のインターネット上の承認を求めるより、

  あなたを心から承認してくれる誰か一人のほうが

  あなたの本当の欲求は満たされます。



  そして、あなたが心から誰かを承認できるようになれば

  アダルトチルドレンの克服の一歩になりますよ^^


  なかなか心から誰かを認めることが難しいなぁと思ったら

  ぜひご相談ください。