こんばんは^^

永久変換型「アダルトチルドレン」克服10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜晋吾です。
今日は、お世話になっているコンサルの方の

セミナーにお手伝いに行きます^^

自分の相談会もあるのに、そんな暇があるのか、

崎浜^^;

それはさておき、
ちょっとテーマが変わりました(笑)
【ACと集団と私】
アダルトチルドレンにとって組織で働くことって

大変かもしれません。
アダルトチルドレンが感じる大変さの原因は

大きく2つです。

それは、「人間関係」と「責任の範囲」
人間関係は前回の過剰適応でもお話ししたので、

今回は責任の範囲を考えてみましょう^^
【責任の範囲】
僕自身も感覚派だったので、なんとなく一生懸命に

やっていれば、責任の範囲なんて関係ない、と

思っていたのですが

(いや、もちろん仕事の責任の範囲は把握していますが^^;)

心理的なプレッシャーが半端ない・・。
そして、プレッシャーが強いので、全体を見る余裕がなくなる。。

さらに人に聞けなくなってしまったり、相談しにくくなったり、

いろいろな悪循環が起こってしまいます。

(逆に仕事ができてしまうアダルトチルドレンは

スタンドプレーで仕事ができるけれど、周囲との

調和が苦手で、個人的な成果が出せても全体の成果を

出すとなると効率が落ちるかもしれません)

なぜ、アダルトチルドレンはこうしたプレッシャーを

感じるのでしょうか?
【全体の責任と「所属感」】

会社や組織での責任は、個人の責任と同時に全体の責任もあります。

アダルトチルドレンがこうした集団が苦手な原因の一つは

その集団に「所属」している意識が希薄だからです。
結構、心のなかで「私はここの人間ではない」と思ってしまうこと

ありませんか?あるいは愛着がない感じでしょうか。

所属感がないと、逆説的に責任を全部自分で背負ってしまうかも

しれません。(周りを信頼できないので、お願いしづらい、

一緒にやってもらう、分担するなどの発想が沸きづらい)
もちろん、ここの職場が大好き!という場合は問題ありませんが、

所属感や愛着がないと、全体の責任までは把握しずらいものです。

簡単に言えば、他人事なので関心が沸かないという感じですね(笑)

あるいは自分に必死なので、余裕がないのかもしれません。
でも、アダルトチルドレンはそうしたくてしているわけでは

ありません。
それはなぜか・・・

と、
いつも長くなってしまうので、

今日はちゃんと分けますねー(笑)

次回は「所属感」について

書きます!(^^)!

あなたの所属感について、ぜひ

ちょっと考えてみてくださいね^^