こんばんは^^
永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜晋吾です。
そうそう!

つい先日、日本最大級の心の専門家が探せる総合検索サイトの

「Mind Pro」(マイプロ)さんにありがたいことに

掲載させていただけることになりました^^

アダルトチルドレンでお困りの方へお知らせできる

機会が増え、とてもうれしいです(^^♪

是非マイプロもご覧くださいね^^

>>>マイプロはこちら

https://mindprofessional.com/professional/%E6%B0%B8%E4%B9%85%E5%A4%89%E6%8F%9B%E5%9E%8B%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%B3%E5%85%8B%E6%9C%8D%E3%80%8D10%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83/

習慣化、ということで、前回メルマガを

お届けしましたがいかがでしたでしょうか?^^
習慣化はアダルトチルドレンでなくとも

大変ですが、アダルトチルドレンだと、

そのハードルはますます高くなります。
今回は前回の続きで、

習慣化から見えるアダルトチルドレンの特徴の

後編をお届けしますね^^

 

【3、動機がアダルトチルドレン的】

さて、なにか習慣化しようと思ったとき、

つい自己肯定感の低いアダルトチルドレンだと、

こうなりたい!というポジティブな動機ではなく、

「こんな自分じゃ耐えられない!」という

自己否定で強迫的な動機になりがちです。

 

習慣とは継続でもあり、常に自分を責めるような

動機ではそもそも続くはずがありません。

心も途中でぽっきり折れてしまいます^^;

習慣化がうまくいったことがある人なら

なんとなくお分かりになると思いますが、

続けるとこんないい変化があった!

習慣化できるとこんな自分になれる!

というポジティブな意図を持てているほうが

継続率はあがります。

 

是非、未来のワクワクするイメージを

持ち続ける工夫をしてみてくださいね^^

アダルトチルドレンは、そういう工夫を

意外としません^^;

 

紙に書いてみたり、写真を張ってみたり、

良いイメージを維持する工夫、

ほかにもありますが、是非トライしてみてくださいね^^

(気が付くと自分を責めるので、

工夫したほうがラクなんですけどね^^;)

 

【4、感覚的】

アダルトチルドレンの方は結構、感覚的です。

なんとなくこんなんでできるんじゃないかな?

と思っていることも多いです。

・・・

だがしかし!笑

感覚的だからこそ、腰が重い、ということも

あります。

心のギアチェンジが苦手なことも多く、

感覚的にうまくいくこともありますが、

ダメなときに気持の切り替えができず

お手上げなときもあります^^;

 

そういう意味では習慣化は

気持ちを作る「仕組み」でもあります。

感覚的だからこそ、感覚を自由に動かせる

自分の仕組みづくりとしての

「習慣化」は必須かもしれませんね^^

 

【5、手段が目的になってしまう】

習慣化することは、あなたが何か

改善したり達成したい目標があるはずです。
しかし、アダルトチルドレンは、

習慣化自体が目的になってしまい、

それがうまくいったかどうかだけが

大事なことになりがちです。
4の動機にもつながりますが、

目先の習慣化ではなく、それが達成できた

未来のほうが本来の目的です。
そう考えると、習慣化で最初うまくいかずとも、

それが目的ではないので、自分なりにうまくいく

工夫を考え続けることができるかもしれませんね^^

 

その心の体力は、いかに自己受容ができるか、

自己肯定ができるか、自分を許すことができるか、

というマインドのマネジメントも必要です。
もし、マインドのマネジメントが、自己否定感が

強く、自分を許せないときは是非崎浜まで

ご相談くださいね^^

 

習慣化でお伝えしたポイントは、

人生がうまくいくコツでもあります。

アダルトチルドレンを克服して、

人生を自分のものにしていきましょうね!(^^)!

それではまたメールします(^^♪