こんばんは^^

永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜晋吾です。

最近、野菜やフルーツを使って毎朝スムージーを

作って飲む習慣になっています^^
習慣ってとても大事ですが、、

アダルトチルドレンの方は「習慣化」苦手な方が

多いですね。
意外と習慣化から自分のアダルトチルドレンパターンが

見えてくることもたくさんあります。
あなたが習慣化、例えばダイエットや早起き、運動、などを

習慣にしようと思いチャレンジしたとき、

こんなことが起こるかもしれません。
【1、完璧主義】

習慣化するときは、失敗は付きものです。

最初から完璧にできることはほとんどないのですが、

失敗したときに、あまりに自分を責めすぎ、

やめてしまうかもしれません。

アダルトチルドレンは「失敗=自分の価値がない」

という無意識的なパターンをもっているので、

失敗から、失敗する要因を分析したり

フィードバックする前に、つらくなってしまい

次に活かし再チャレンジするまでいかないかもしれません。
【2、スモールステップが苦手】
完璧主義にも通じますが、一気に習慣を変えようとし、

それだけ反動が大きくなり、失敗することもあります。

早起きなどは30分単位で一週間づつ早めていくと

体に抵抗なく変えていけるそうです。

 

アダルトチルドレンは、

そういう意味では「ありのままの自分」を

認めず、自分ならできるはず!と過信し、ハードルを上げ、

失敗し、また自己肯定を下げる、という悪循環を

繰り返すことになります。
そう、ありのまま、とは「自分は自分でいい!」という

肯定の意味と、「正しく自分を認識できている」という

意味が含まれてもいるのですね^^

それができてくると、きちんと「自分ができるのは

これくらい」と適切な目途をつけることができるし、

それでいい、と自分が納得できるようになります^^

(自己肯定感が低いからこそ、自分ができるのは少し、と

認めるのが怖いのかもしれませんね)
まだまだありますが、あり過ぎるので(笑)

また次回、習慣化から見えるアダルトチルドレン、

続きをお届けしますね^^

それでは(^^)/