こんばんは^^

永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜晋吾です。
集中し過ぎてて・・・
ついうっかりコーヒーをこぼしてしまいました。
一瞬パソコンにこぼしてないか、
ヒヤっとしましたが(ある意味涼しくなった笑)
かろうじて無事でした^^;
あ、そうそう。これって大事。
シェアしなきゃ、と思ってメルマガのネタに
めでだく昇華されました(^^ゞ

【パターン中断】

あなたも、コーヒーでなくとも、
なにかしら、はっと「我に返る」ようなこと
ありませんか?

特にアダルトチルドレンは「過集中」することも
多いので、周りが見えなくなってしまったり、
作業などしていることを、
やめられなくなってしまったりします。

あるいは、悩みや怒りなどの「感情」に捉われ、
ずっと同じことをぐるぐる考えていたり、
考え事をし続けて、人の話を聞いていなかったり
することもあるかもしれませんね。

良し悪しにかかわらず、ある状態になっている
ことを「パターン」と言いますが(NLPの専門用語です)
良くない「パターン」の場合は「中断」する
必要があります。
【集中!って悪い状態?】

え?集中って悪いことなの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
私たちが思っている「集中」は実は
ほとんど悪い状態です。

集中しなきゃ!っというときは、
大抵、力が入り過ぎていたり、
緊張しすぎていたり、
周りが見えなくなって
いたり。。
(アダルトチルドレンは、失敗を恐れすぎて、
気合いを入れ過ぎて、失敗したり、
出来なかったりすることも多いです^^;)

あるいは、「過集中」のように
作業に没頭し過ぎて、
パフォーマンスが落ちてきているのに
やめられなかったり(笑)する
効率の悪いものだったりします。
(もちろん良い集中もありますがそれは
またの機会にご紹介しますね^^)

そんなときは、
コーヒーをこぼすことも
一案ですが(笑)

簡単にこの「パターン中断」をする方法も
あります^^

【「我に返る」パターン中断】

例えば、ブレイクともいいますが、
体をゆすってみたり、ストレッチ
してみたりすることで、
パターンを解除することができます。

え、そんなことで変わるの?
と思うかもしれませんが、
体と心の状態はつながっています。
例えば、ストレッチしながら
なかなか怒れません(笑)

逆に、緊張しているときは、
体に意識を向けてみると
こわばっているのがわかるでしょう。

パターン中断をしても
すぐに戻ってしまう場合、
疲れすぎていたり(結構ありますよね)
感情がうまく把握できていなくて
もやもやしているかもしれませんが、
それに「気が付く」ことができるので、
違う対処方法が取れますね^^

そろそろ、休まなきゃな、とか
なにか自分の心と向き合わなければ
ならない問題があるな、とかですね。
(ここはアダルトチルドレンが
克服しなければいけない問題も
あるかもしれませんね)
そして、パターン中断せずに
放置しておくと・・

崎浜のようにコーヒーをこぼして
事故がおきます^^;

こまめなパターン中断、あなたも
是非取り入れて無事故で夏を過ごしましょう(笑)

それではまたメールしますね(^^)/