こんばんは^^
永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜晋吾です。

 
さて、ちょっと時間が空いてしまいましましたが、

前回の「心の傷」は、感情に出てくる、というお話から、

その時につい避けてしまう2つのパターンをご紹介しました。

それが、「認知中毒」と「感情中毒」です。
【認知中毒とは】

私たちアダルトチルドレンは、思考が優位な場合があります。

「え?いいじゃん、それで」と思うかもしれませんが^^;

 

例えば、パートナーや同僚に怒りを感じ、

「あの人が悪い!だって、こんなこともして、

あんなこともして、逆にこれはしないし、

あれはしないし、でも、私がそういったら、

きっと●●だって言い返してくるから、

それは●●と〇○なあの人が悪い!」

のように、論理的に相手の悪いところを

組み立てていくかもしれません。もちろん

論理性は大事なのですが、その出発点、

「怒り」がなにより論理的ではありません。

その怒りは「私は悲しかった」かもしれませんし、

「認めてもらえなかった」「愛されなかった」かもしれませんが、

そこに目を向けることを「思考」で避けてしまいます。

 

このパターンは気が付くととても面白くて、

僕の場合は、アダルトチルドレン全開のころ、

「どう感じていたのか」を見ようとしても、

心が勝手に相手の悪いところを「考え始め」、

自分がどう感じているかを避けて逃げようとするのです(笑)
どうしても、考え過ぎなときは、

「どう感じているか」と自分の感情に目を向けるほうが

苦しみから早く抜け出せます。
【感情中毒とは】

認知中毒は苦しいものですが、感情に飲まれてしまうのも

とても苦しいものです^^;

感情中毒は、怒りや自己憐憫、あるいは

安定ではなくケンカするパートナーシップのほうが

愛情を感じるという場合、その感情に

「酔ってしまっている」かもしれません。
激しい感情の揺れは、自分の感情を普段抑圧している

アダルトチルドレンにとっては、なんだか

「生きている!」という感じがするのです。
それがクセになると「感情中毒」になってしまいます。

良い人を演じているアダルトチルドレンも一人の人間です。

どこかでバランスを取らないと限界や反動が出てしまうという

ことでもあるのですが、ここでは、自分がどう感じているのか、

「認知中毒」とは逆に、感情を認知していく必要があります。
【中毒は苦しいけど・・】

要するに、認知も感情も大事なのですが、

本能的にどちらかに逃げてしまい、

「自分の感情と向き合う」ことを

避けてしまうと、生きづらさの原因が

見えなくなってしまいます。

そのパターンを克服するためには、

・「感情」を認知(分析)すること、

・認知(思考)の出発点の「感情」を見つけること

                 (順不同)

の必要があるということでした^^

こころって複雑なので、その動きを

「気付く」必要があるのですが、

なかなかその時その場で気が付くことが

難しいものです。
それでは次回、「気付く」コツを

お届けしますねー!(^^)!