こんばんは^^

カウンセラーの崎浜です。

人生初のぎっくり腰から回復しつつあり(笑)

久しぶりにジムにいって体を動かしてきました。
体と精神は関連し合っているので、

運動後の気持ちは久しぶりに感じる

すっきり感でした!(^^)!

そうそう、お客様からうれしい声を

いただきました。

ご許可をいただいたので、

ご紹介いたしますね^^
*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*

カウンセリングは少し難しいと思っていましたが、

ワーク(体感)をたくさん取り入れてくれたので、

体感できました。むしろ五感で感じなくては意味が

ないかな、、と思いました。
カウンセリング後は自分の怒りの感情の処理が

大分理解できました。

無条件の愛、よく聴くけど、

崎浜さんの説明がとても分かりやすく、

ふに落ちました。常にそれを感じ続けられたら

いいなと思ったし、子育てにも生かすことが

できると感じました。
(崎浜の印象について)

とてもおだやかにお話しして下さるので

やさしい気持ちになれる方です。

多くの辛い経験をされているからなのか、

受け止めてくださる方です。

(東京都N,Sさん女性)

*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*
こちらこそ、本当にありがとうございます。

辛い経験をしたかいがありました(笑)
【愛情を与えてもらうはずだったタイミング】

アダルトチルドレンは機能不全家族のなかで、

愛情が上手に受け取れていなかったり、

失われていたりするので、もう一度、

改めて「その時に与えられるはずの愛」を

知る必要があるのですが、ある意味、

生きていくために最も必要なものを学校でも

教えてもらえませんし、病院でも治してくれません。

そういった目に見えないものを明らかにして

ケアしていけるとアダルトチルドレン克服になります。

そして、まさに「愛を体感する」必要があるんですね^^

まだ、N,Sさんのセッションは始まったばかりなので

今後が楽しみです^^
【アダルトチルドレンに必要なワンクッション】

恋愛がうまくいくためにも、子育てがうまくいくためにも、

仕事がうまくいくためにも、友達と長く付き合えるようになるにも、

自分が与えられる人間になりなさい。と

いろいろな自己啓発本で見られます。

(「求めない」という本も流行りましたね^^)
しかし、これはアダルトチルドレンには

少々難しいです!
なぜなら、

「はじめに愛は与えられて、愛を与えることができるようになる」

からです。

愛情たっぷりの機能している家庭で育った子供が、

自然に人を愛し愛されるようになるのは、このおかげです。

(恋愛でさんざん愛されてきたけど、底なしに求めてしまう、

という与えられるとは違います(^-^;)
【満たされない渇き】

これは、自分がアダルトチルドレンの始まりとなった

「子供のころの自分」が愛を与えてもらう必要が

あるのです。現在のあなたがいくら愛されても

「渇きが癒えない」のはこれが満たされていないから

かもしれません。
これが上手に満たされると、

自分で自分を満たせるようになり、

「相手に見返りを求めず与えることができる」

んです。
【人間関係の根本にあるもの】

具体的には、

■パートナーシップで、お互いが支え合える

■子供を感情的にならずに愛せる

■人間関係を自然に保てる

■共依存的でなく恋愛ができる

■仕事を生きがいで働くことができる
など、あらゆる根本に作用しているのが

「愛」だったりするんです。
やはり、あなたもこのような

状態が理想ではないでしょうか?

これは「精神的に自立している状態」

でもあります。
そしてここからが重要です!

このように当たり前に重要な

「愛」が手に入らず、

アダルトチルドレンが苦労することが

あります。
なんだと思いますか??

それは・・・

一言でいえば、、、
★トラウマによる否認★

です。
トラウマによる否認??
なんぞや。。
ということで、次回は

「トラウマによる否認」を

お届けしますね!(^^)!
お楽しみに!