こんばんは^^

永久変換型「アダルトチルドレン克服」
10のメソッド専門カウンセラーの崎浜晋吾です。

東京は暑さも弱まりましたが、湿度が高い一日でした。

ネットで酢ショウガなるものを見て、
近所の八百屋でショウガを買い、酢ショウガにしてみようと
考えています(笑)夏バテ予防にいいらしいですよー^^
【ありのままは存在するのか(笑)】

さて、
ありのままの自分とはよく聞きますが、
アダルトチルドレンはありのままであまり
生きてきていないので、正直よくわからない、
という方がほとんどです。

崎浜もかつては
「ありのまま」なんて都市伝説かなにかじゃないかと
思っていましたが(笑)

だがしかし!

「ありのまま」は存在するのです。

どちらかというと、
アダルトチルドレンは
ありのままを知覚するアンテナが
ない状態に近いとも言えるでしょう。

ありのままを感じるためには、
アダルトチルドレンにとって
新しい基準が必要です。

それは、
「I’m OK」(私は私でいい)
という基準です。

【I’m not OKが正しい?】

アダルトチルドレンの方は
「I’m not OK」(私は私ではダメ)が
基準になっていて、
「心から」それを信じています。

なので、アダルトチルドレンなりに
一生懸命仕事をしたり、
資格を取ったり、人の期待に応えたり、
懸命に「I’m OK」になろうと
してしまいます。

でも、それではあなたも
経験上「I’m OK」に
ならない・・となんとなく
感じているのではないでしょうか?

どんなにがんばっても自己肯定が
上がらないのがアダルトチルドレンの
つらいところです。
【アダルトチルドレン克服の動機さえ・・】

本当の問題は、
「自分の価値を認めていないのは自分」
なので、いくら外側を固めても
「不安な自分」「むなしさ」「空っぽな感じ」は
満たされないかもしれません。

あなたのアダルトチルドレン克服の動機も
もしかしたら、
「I’m not OK」
今の私はダメ!からきているかもしれませんね^^;

しかしアダルトチルドレン克服は
逆説的です。

「I’m OK」(私は私でいい)

ことが新しい基準ですね^^
しかし、お分かりの通り、
意識で私はオッケー!と言い聞かせても
案の定、「脳」が猛反対します(笑)
(自分でそんな訳ないだろ!というツッコミが
入る感じですね^^;)

これは「脳」が防衛本能や自己保存の本能で、
「変わること」を拒否するからです。
かつて、アダルトチルドレンは
「I’m not OK」と思うことで
生き延びてきたのです。

そのサバイバルスキルが
脳にプログラミングされています。
(それがアダルトチルドレンのトラウマの
正体でもありますね)
【脳に伝えるためには?】

なので、意識でも
「I’m OK」で在る、と
マインドを変える必要と同時に、

脳にもそのことを「翻訳」して
伝えなくてはならないんですね。

意識で考えても
気持ちが変わらないので、

無意識にアプローチしながら
脳にインプットされている情報を
「もう自分を否定しなくてもいい」と
伝えることで、

自分の意識と気持ちが統合されていきます。
それが本当の
「I’m OK」な状態なので、
「体感」できるようになります。
(都市伝説じゃなかったんですね笑)

それには、トラウマ(いろいろな自己否定の
パターン)をケアしていく必要もありますが、

まずは、
「I’m OK」をお忘れなく^^
そうでない状態は、
「我を失っている状態」でもあります。

「I’m OK」を信じられないかもしれませんが、
「I’m not OK」も怪しいな、と見方が
変わるだけでも、一歩抜け出すきっかけになりますよ(^^♪

根本からの解決したい!という方は
是非セッションもご利用くださいね^^