こんばんは^^

永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

専門カウンセラーの崎浜晋吾です。

先日、部屋の模様替えをしていたら、

インターネットの線を引っ張ってしまったらしく、

中の線が切れてしまい、ネットが使えなくなってしまいました^^;

翌日、早速N○Tの修理の方がきてくださって

ちゃちゃっと修理してくださって本当に助かったのですが、

「配線の中の線は、髪の毛一本分くらいの細さなんですよー!」

と技術の高さ?を誇らしげに語っていらして、

「いや、そこはむしろ太くしたほうが安全なんじゃないかな・・」

と内心突っ込んだ崎浜でした(笑)
さてさて、

さすがに今回のN○Tさんへの内心つっこみは

伝えませんでしたが(笑)
会話に感情を入れると、とっても伝わりやすくなります。

アダルトチルドレンだと真面目なので、

「理由」だけになってしまったり、

言いにくいので、

つい「○○しなさい」と命令になってしまったり、

きつくなってしまったりしてしまうことも

あるかと思います。

でも、気持ちを入れると、

○○してくれると嬉しい!

●●されると悲しい・・
などですね^^
(伝わりやすくなる理由はこちら!)

http://ameblo.jp/ac-10method/entry-12199607557.html

なーんだ!簡単じゃん!

と思って意識してみると・・

意外とアダルトチルドレンにとっては

気持ちって難しい!
★★★★★★★★★★★★★★★

それは感情を入れるということは、

「こころ」を使っているからです。

★★★★★★★★★★★★★★★

「こころ」をつかって

コミュニケーションしたら、相手とも

もっとつながれたり、愛おしく思えたり、

深く付き合えたり、いいことづくめですね!
だがしかし!(笑)
感情を表す言葉はたくさんあるけれど、

普段の会話では不自然だったり、

しっくりくる言い方が見つからなかったり、
あるいは、突然の出来事すぎて、

言葉が出てこなかったり、

どう感じているのかすぐにはわからなかったり

しますよね?

(特にアダルトチルドレンは自分がどう感じているのか

わかりにくかったりしますよね^^;)
なんかモヤっとしたな、とか、

違和感を感じる場面ってあると思います。

例えば、

ずーっと悪口をいっている人の話を聞いているときとか、

「やめて」とはなかなかいいずらいものです(笑)

でもやはり、日常のこういった小さな出来事が

自分の心に負担になっていたり、

対処できないと自分を大切にできず、

無力感になってしまったり、

やめて欲しい、という前に関係性を切ってしまったり

してしまうかもしれませんね。

もちろん、付き合う相手は選んだほうがよいですが^^;

どんな人でも必ず自分が何かを伝えなければならないときは

必ず来ます。
それは友達かもしれないし、パートナーかもしれないし、

自分の親や子供かもしれません。

そんな時、あなたの強い味方?が身近にいます。

なんだと思いますか?^^
実は、

★★★★★★★★★★★★★★★

あなた自身の「身体感覚」です。

★★★★★★★★★★★★★★★
もし会話で違和感や言いにくいことがあったとき、
感情がわからなきときは、
「なんか胸がどきどきする・・」

「すごい手に汗かいてきちゃった・・」

「かたまっちゃった」

「息がくるしくなってきちゃった」

「手、つめたくなっちゃった」
なども実は感情にとっても関連してるので、

伝わりやすいんですよ^^
例えば、上記の相手の誰かへの悪口をやめてほしいとき、

「あまり人の悪口ききたくないからやめて」

と伝えるのもありですが、

率直すぎて、アダルトチルドレンにとっても

ハードルが高いし、言われたほうも

ちょっとバツが悪いかもしれませんよね。
でも、

「なんか胸がどきどきしてきちゃった・・」

のように、一度自分の身体感覚を通して、

相手に伝えると、

「え?どうしたの?」と

相手も受け止める態勢になり、

「ちょっとその話苦しいな」

と、伝えられるかもしれませんね^^

いきなり「その話やめて」と伝えるより、

「段階」があるのと、違和感を違和感として

伝えられるので、やんわりだけど、

対等な人としての気持ちが

伝えられる場合もあります。

逆に、身体感覚を意識しておくと、

自分が「本当にどう感じているのか」

わかるときもあります。
何度も会っている慣れている人でも、

意外と自分の背中がこわばっていたりして、

「あ、本当はわたし、この人と話しているとき

とても緊張してる」ことがわかって、

実は、苦手だったり、自分が気を使いすぎていたり、

過去のトラウマに関連していたものを発見できたりします。

(そんなときは是非セッションに来てくださいね^^笑)
是非、あなたの感情表現に

「身体感覚」取り入れてみてくださいね^^

それではまたメールします(^^♪