精神的な自立のポイント
こんばんは^^

カウンセラーの崎浜です。

 

昨日から群馬へ精神疾患を抱えている方の

リハビリ施設へコミュニケーションスキルの

講師として、来ております。
群馬へ行く前に、赤羽のとんかつ屋で

一人食事をしようと、立ち寄ったのですが、

席が結構混んでいて、おじいちゃんが

ビールを飲みながら座っている隣の席に

「失礼します」といって着席しました。
もちろん、おじいちゃんが先に入店していたので、

おじいちゃんの料理が先に運ばれてきました。

(カキフライ&とんかつセット。。)

おじいちゃんがぼやき始めます。

「おれぁ、こんなくえねーなー」(ちょっと酒で出来上がってます)

確かに、結構な量ですね。。

「兄ちゃん、なぁ、まだ手つけてないから、

半分食ってくんないか?ビールもつけてやっからよ」

え?僕ですか?!もちろん僕のおじいちゃんではありませんよ(^-^;
「え、いや、僕もかつ丼頼んじゃったので、、

(ちょっと無理かなー(^-^;)」

コミュニケーションスキルの講師に行くのに、

早速コミュニケーションに困った崎浜ですが(笑)

その後もおじいちゃんの熱い交渉が続き、

結局半分ほど頂くことになり、

とんかつとカキフライ、そして

自分のかつ丼を食べながら、おじいちゃんの

身の上話を聞くことになった崎浜でした。

(まあ、おじいちゃんが嬉しそうだったんで

よかったんですけど(^-^;)

 

 

さぁそれでは前回の続きです^^

前回から精神的な自立の話に入りましたが、

精神的に自立している状態ってなんでしょうか?
【精神的な自立の4つのポイント】

精神的な自立にも様々な定義がありますが、

アダルトチルドレンの克服で押さえておきたい

精神的な自立のポイントは次の4つです。
1. 自分の軸がある(依存していない)

価値基準、評価の軸や、自分の感覚感情の軸があることです。

 

2. 影響を受けない(巻き込まれない)

影響を受けるということも「依存」(自立していない)と

考えるとわかりやすいでしょう。
3. 自分のエネルギーを自分で賄える

自分の精神的なエネルギー(喜びや生きがい)を

理解し、生きていることに意味を見いだせる
4. 上手に人と助け合える

よく「精神的に自立」というと100%他人に頼らない、

のようなイメージをされますが、人との境界線や、

責任の範囲がわかって、人と同調ではなく調和できる

状態が理想です。人は集団の生き物なので、一人では

精神を病んでしまいます。
まだまだ、精神的な自立にはたくさんの要素がありますが、

こういった要素が合わさって精神的な自立となります。

そのためには、自分を律する力が必要ですね^^
【アダルトチルドレン克服の二つの「じりつ」】

そう、アダルトチルドレン克服には、二つの「じりつ」、

「自立」と「自律」が大切になってきます。
「自立」を実現するには、「自律」が必要不可欠です。

しかし、この「自律」の定義にこそ、

アダルトチルドレンの悲しい過去が隠されています。

(そしてなかなか克服できない大きな原因となります)
それでは次回、「自律」に

焦点を当ててお話していきますね^^

お楽しみにー!

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*
永久変換型「アダルトチルドレン克服」10のメソッド

ブログ
http://ameblo.jp/ac-10method

公式HP
http://ac-counseling.com/

お問い合わせ
info.mag@ac-counseling.com

ご連絡先
※お問い合わせのみになります。カウンセリングは改めてご予約いただいております
050-3748-4070
(平日、土曜13時~20時、日曜はお休みとなります)
セッション等によりお電話に出られない場合も
ございますが、お電話いただければ折り返しいたします。